バーニングユニット やっぱり出玉が無いと...

先に、6月の注目機種を幾つか取り上げましたが、
忘れてはいけない機種がまだありました。

CR烈火の炎

こちらも新基準のV確STミドルとなっているようで、
突入率は60%
ST100回の高確率1/95.8
期待値的にはおよそ65%継続のようです。

ムービーを見て思ったのが、楽曲がやたらとハードだな・と。
影山さんに遠藤さんら、バリバリのハードロックアレンジで熱さに滑車をかけていますね♪♪

しかし、BGMと相まってか最も熱いのが、16R大当たり(スーパーバーニングボーナス時)に2400個の出玉が獲得できるところでしょう。

黄門ちゃま超寿にあったゴチ装置なる保留装置が、バーニングユニットへ進化を遂げた模様です。
壺にハマれば出玉感はそれなりに期待できそうですね。

バーニングユニットについてですが、16R大当たり中の2Rに1回、火影ゲートへ球が解除されて入る仕組みのようです。

バーニングユニット

さてこのバーニングユニットですが、規則的な見解を踏まえ、どういった仕組みになっているのか気になるところです。

保留装置で貯められるは5個までとなっている点を踏まえると、保留装置自体がアウト球扱いのギミックなのか、見た目どおりに火影ゲートが入賞口となっているのか、どうなのか? と言ったところです。

しかし、メーカー各社も出玉獲得に関する様々なアプローチを行っていますね。
ラウンド毎に上下のアタッカーが交互に瞬時に切り替わるゼロアタッカーや、普電に代わって小当たり作動によるベース確保/増え等、パチンコならではの創意工夫があって面白いと思います。
今後もこうした試みは続いていくのでしょうし、色々と出てきてほしいです。

最近、これと併せて痛感するの事ですが、いくら演出が楽しいといっても4円パチンコを打つにあたって、
「やはり、ある程度は出玉感が無いと寂しい」
という事です。

やっと初当たりしたのに、大当たりが終わって持ち球がドル箱に埋まっていない場合、トホホって気になります。
単発だと尚更です。

皆さんは出玉感について、どうお考えでしょうか?

昔はデジパチコーナーでは4000個のドル箱だったのですが、最近ではドル箱も敷物(詰め物?)があってコンパクトになってきています。
私はそこに、妙な悲しさを覚える今日この頃です。

 

今後の展開は...

自粛期間中のホールは結構盛り上がっているようです。
お友達からもチラホラと、そうした情報をキャッチしています。

サミットも、オバマ大統領の広島訪問等、ニュースで取り上げられていますが、遊技業界としては自粛期間後の入替がどうなるのか、注目したいところです。

現行の甘デジよりも更に遊びよくなったちょいパチが、各メーカーで検定を通過しているとの事。
これが1円パチンコ等の低玉貸しに影響を及ぼして、4円ファンに取り戻す影響が出るのか、または独自の遊技性が誕生するのか等、気になるところです。

今後の注目の台を一つあげるとすれば、
CR巨人の星~情熱の炎~ ですね。

ムービーがアップされていますが、楽しみですね。
想像どおり、星一徹による球場のちゃぶ台返し演出がありました。

一徹父ちゃんといえば、こうしたシーンがどうしてもクローズアップされる傾向にあるようで、強度のスパルタキャラとして定着していますが、息子を野球人として育てる為に肉体労働をして名門私立高校へ入学させたり、甲子園に出発する息子を東京駅へ密かに見送りに行ったりと、個人的には凄く良い父親に思えてなりませんね。

 

しかし、今回の巨人の星ですが、プレミア演出で、桑田・清原のPLコンビがプレミア出演として実写で用意されていたと噂がありました。
これが本当ならば、今回の清原逮捕によってメーカーさんも多大なリスクをしょってしまったのだと推察できますが、どうなんでしょう...

清原氏逮捕されちゃいましたから、おそらく映像は搭載されていないでしょうが、最近の芸能界も不倫で賑わっていますし、実際にタレントさんを使うと、こうした事があるから怖いですよね。

少し話が暗い方向へ行ってしまいましたが、スペックはロングSTタイプのようです。
今回は電チュー保留にも通常が2割振り分けられているらしく、従来のロングSTとはこのあたりが違うようです。

確変が200回のロ~ングSTとの事で、とにかく、導入後も一徹の暴れっぷりを楽しんでみたいですね。

一徹父ちゃんの話が出たところで、P業界こぼれ話、、、ではないですが、奥さんに内緒でパチンコに行く旦那さんも結構います。
仕事上パチンコを打つ必要のある業界関係者も、実はこんな現状だったりします。

あ、そうそう。明子姉さんも居ましたね。
映像で見ると、明子姉さんが微笑んで明子チャンスというリーチがあるようです。

そもそも明子姉さんってこんなキャラだったのか!?
木陰から飛雄馬をこっそり見守っている明子姉さん。
そんな印象だったはずです。

明子チャンスで大当たりするか、楽しみです。

皆さんも6月に導入される新台を、自分なりの視点で楽しんで頂きたいと思います。

以上です。

いつ打つの? 今でしょ!

「今が買いってことよ!」

15年位前でしょうか。
缶チューハイのCMで、そんな台詞がありました。

自粛期間中の5月。
ホットな5月。

入替は無いものの、ホールさんがコンスタントに営業できる今こそ、打ち時かと思いますが、どうでしょうか。

昨日、ホーリー車掌が東京へ出張し、ついでに連れパチ実戦したとの通報をキャッチしましたので、お伝えしたいと思います。

実戦台は、CRビッグドリーム~神撃399Ver.
旧基準のMAX機ですね。(タイヨーエレック)

259Ver.はそれなりに見かけますが、399Ver.の設置店は少な目です。

確変中の電チュー入賞の大当たりは、75%の確変すべて16Rという事で、ゼロアタッカーを兼ねてかなりの出玉が獲得できます。

昔ながらの7セグ表示の機械ですが、現在でもパトラッシュやソルジャー等、セグやドット系の台は活躍しています。
こうした台が、今後もシマの一角を担っていただきたいものですね。

連れパチ結果はなんと、仲間のAさんが、なんと、ご覧のとおり、

一撃およそ25000発!!

1463632095681~2

あまりのドヤ顔に、顔の方は割愛させて頂きました。

尚、実戦ホールは、レイトギャップ平和島店さん

都内ではめずらしい1000台クラスの大型店舗で、接客が素晴らいとの事でした。

ここの店舗ビルに天然温泉もあるらしく、一度行ってみたいですね。

でも、立地条件から想定すると、出張の目的が競艇だったのか、競馬だったか、謎が深まるばかりですが、そこは触れないでおこうと思います。

ちなみに、状況は結構良く、22~23回転の優秀台も多数あったようです。

超優良店ですね!!

実際、今回のように一撃もありますので、状況次第ではMAX機を狙ってみるのもありだと思います。

打つなら今だと実感した今日この頃でした。

それでは、次回もお楽しみに。

 

銀河機攻隊マジェスティック

大一さんから、どうやら新しい遊技性の新台が出た模様です。

CR銀河機攻隊マジェスティック

RUSH(右打ち)に突入して、時短回数極小につき、残保留にて継続を加味するタイプは近年幾つかありました。
同メーカーのT.M.Revolutionや、サンセイの麻雀姫伝説とかですね。

こうした機種では、RUSH(時短)が終了した時点で、普電の保留が幾つあるか、という事が連荘のポイントとなる訳ですが、

本機種では、RUHSに突入した時点で、連荘に繋がる条件をどう見せるか、という点においては新たなシステムとなっているようです。

という事は、通過口周りの釘がマイナス調整されている場合、1回の大当たりに対する継続数の期待値が減って、出玉にも大きく影響が出てくる訳なので、 打つ際はこのあたりの釘調整に注意しておいた方が良いでしょう。

さて、本機種の主な特徴について、我がPトレインの偵察隊長である  ホーリー車掌  が直営店に突撃してきたようですので、その遊技性能について、少し触れてみたいと思います。

初当たりをすると、1変動目は特図1(ヘソ入賞)の保留が変動消化される訳ですが、これが約120秒という長変動の「ストックタイム」になっているそうです。

この間に普図(普電を開放させる為の図柄)が一定確率で当選すると、開放延長した普電により球が入賞したら、特図2の保留が貯留されます。
普図変動長と普図確率は、運が良ければ保4にできる程度に設計されているようです。

この時に、普電1回の作動について1個入賞が基本となっているようですが、貯留が成功するべく時に、大駆動が発動するなり、図柄が揃うような流れでストックタイムが行われます。

120秒間で如何に普図の当たりを引いて、普電に球を入賞させるか、この辺りの抽選結果が、ストックタイムの演出に上手く反映されている模様です。
ここが本機種の一番の遊技ポイントでしょうね。

ストックタイムが終了すると、時短が落ちた状態となる訳ですが、ここで特図2(普電)の保留がある場合、消化変動であるストック放出タイムとなります。

こちらはV(2種当たり)にておおよそ大当たりを獲得できるので、保留数がほぼ大当たりとなりえるようです。

そして、貯留された最後の特図2の消化が終了した後、初当たりの終了時と同じ再度ストックタイムとなり、 ストックできなければ連荘が終了となる仕組みのようです。

継続率は8割との事なので、大量出玉も期待できます。
打ってみたい台ですよね。

マジェスティックカタログ

初当たりからの継続の如何は、おおよそこのようなシステムのようですが、RUSH等の優位な状態が、打たなければ損をする(取りこぼす)という遊技性から、いわゆる「トイレに行けない台」仕様のようです。

なので、右打ち変動中であるストック放出タイム中はパンク(取りこぼし)を避ける為に、この時はしっかりと打ちましょう!!

スーパーリーチだ!!
とか思って、ついうっかりハンドルから手を放してはダメですよ!!
あと、球詰まりにも要注意です。

このトイレに行けない問題を、条件装置ユニットなるものを付ける等、解決手段に色々と妄想が膨らみますが、今回はそこには触れないでおきましょう。

以上、新台情報でした。

連休期間中のホール実戦 トホホ…

連休中、あまり気が進みませんでしたが、
朝一でちょっとパチって来ました。

しばらく遊技していないお店の貯玉が確認したかったからです。

2年近く経過しており、ひょっとして使えなくなっていたら?
なんて事も考えながら、開店直後にホールへ到着。

まずはMAXスペックからと思い、真・北斗無双の島へ。

貯玉カードを入れて暗証番号を入れると、残数は表示されているのに
球が出てきません…エ~ッひょっとして…??

近くの店員さんを呼ぶと、ボタンを強めに押して球が出てきました。
ホッと一安心でした。

店員さん
「ちょっと強く押してみてください!」

と、カードユニットも経年劣化でボタンの反応が鈍くなるようで、
昔のファミコンの四角ボタンを思い出しました。(古い!?)

さて、貯玉が使える事が確認できたので、落ち着いて実戦開始です。

まずはと座った北斗ですが、さっぱりスタートに球が入りません。
2台打ちましたが、即止めしてミドルコーナーへ移動しました。

DSC_1713

黄門ちゃま超寿 のゴチ装置の出玉を体感したくて座ってみたところ、
500円分でなんと14回転!

これはイケルのか!?
と思いきや、回転数は徐々に下がってきて、
3000発程を打ち込んだところで200回転ちょっとでした。

やはり、初めの上ムラでした。
貯玉を無駄にする訳にはいきませんので、ここらでギブアップ…トホホ

その後、GARO復刻版を1000発程打ち込んで、
苦しみながらソコソコ回るも、やはりギブアップ…トホホ

今日は、全体的に1000円で17~18回転がいいところなのか!?
ふと頭によぎりました。

その後、ちらほらと物色して、海JAPANへ。
結局、海かよ! と自身に突っ込みを入れましたが、
3000円分の貯玉を打ち込んで70回転。
いやー、海って本当に素晴らしいですね…と、ひとまず改心。

がしかし、海ステージの球の動き。
吸い込まれるようにステージへ乗っかり、中央のヘソ奥側へ スコン!
と落ちるあの感触。
海を打つ人なら、分かると思います。

しかし、その感触がありません。
という事は、またしても少し上ムラか?
と思いつつ打ち込んでいくと
180回転程で、キュインとエビで揃いました。

しかし、次回は確変とならず、時短もスルーし、1セットで終了…
情熱のルア・モールがむなしく響きます。

時短抜け後、回転率も下がり、気持ちも切れてきたので、
あまり持ち球遊技せずに、2500発を貯玉して最終ギブアップです。

2時間半の出来事で、およそ5000発の貯玉減となりました。

現状、5月下旬に伊勢志摩サミットがある関係で、
全国各地でおおよそ5月いっぱいは入れ替え自粛期間のようです。
2008年に北海道洞爺湖でサミットがありましたが、
当時の状況はというと、はっきり思い出せませんが、
悪くはなかったような気がします。

といっても、現在よりは業界の状況も賑わってましたし、
とりわけ悪い記憶が無いからかもしれませんが、
自粛期間中は、ホールさんも新台入れ替え経費を使わずに
出玉で還元してくれるかもしれません。
そんな淡い期待を抱きつつ、
回る台を見つけに打ちに行く楽しみもあると思います。

皆さんの行きつけのホールはどうだったでしょうか?
どうか、私のようにトホホとなりませんように
Have a nice day

超パチンコ&パチスロフェスタ2016

先日、 超パチンコ&パチスロフェスタ2016 へ行ってきました。

会場は、幕張メッセでのニコニコ超会議2016内の出展ブースで

開催されていました。

http://www.nichiyukyo.or.jp/y-shidakai2016/

 

朝10時の開場時間に現地へ到着したのですが、
多くのコスプレイヤー等で既に長蛇の列となっていて、

一般入場で並んで待つ事およそ2時間…
ヘトヘトになりつつ、ようやく会場内へ入れました。

出展ブースでは、各メーカーによる新機種や、遊パチよりもさらに遊びやすい

ちょいパチが出展されていました。

ちょいパチとは、既存の遊パチ(100分の1を切る程度の甘デジ等)よりも

更に遊びやすくなった遊技性(40~50分の1程度) との事です。

こうした情勢が今後どうなるかは分かりませんが、

業界としても試行錯誤の取り組みかと思われます。

出展メーカーは写真のとおり。
出展メーカー

 

時間制限付きでしたが、試打が出来たので少しやってみました。

ウサビッチ(豊丸)なる機械は、 すでに右打ち遊技となっている状態からですが、RUSH中にウサギが走っています。
すぐ大当りました。

ウサビッチ1

出展用見本機とあって、詳細を明示してある賞球シール等は確認できませんでしたが、15Rと6Rで構成されており、

1R目に中央下部のアタッカーが開くV確機のようです。
15R当たりで、1R目のV確ラウンド(?)がショート開放だった為、
15Rは確変じゃないの?  と謎が深まりましたが、

6Rではこれがロング開放で、V獲得表示をしていました。

DSC_1673

 

それにしても、RUSH中は走るという演出って、お決まりのようですね。
走るや飛ぶ以外って何かありましたっけ?
と、ついつい考え込んでしまうのでした。

次にソルジャー(マルホン)を少し試打。
連荘機が人気を博した当時、一世を風靡した爆連機ですが、今回は何作目にあたるのかどうか、記憶が定かではありません。(すみません)

こちらも直ぐに大当りしました。
初当たりの後に、右打ちとなり、右側の上下の電チューが上下交互に開放します。

ンン??
予備知識全くなしで打っています。

詳細が掴めていないのですが、売りにしているSRTラッシュとは、どうやら小当りによる出玉確保の機械のようです。
一般的には、確変時短中は普電によりベース確保を行いますが、これをアタッカー2の小当りにより持ち球をキープするという内容です。

最近は、こうしたちょっと変わった性能を持った機械が群雄割拠状態ですから、
ちょっとした事で独自の遊技性が大受けする可能性も、無きにしも非ずですね。

 

各機を10分程試打したら、係員さんよりやんわりと待ったがかったので、

出展ブースを後にしました。

係員はマルハンの店員さんだった気がしますが、さすが業界再王手だけあって、 対応が機敏かつ丁寧でした。

三洋さんのブース。
アニマルパラダイスが出展されていました。
DSC_1676

 

ST回数が上乗せする演出のようですが、
この機械も小当りで出玉をキープするタイプのようです。
と、その横で、緑色の髪をしたマッチョの男性が、、、
なんと、サム発見!!
DSC_1679

 

やった確変確定だ!!
と思わずハイテンションになってる場合ではありません。

男女ともにナイスバディではありませんか。

イイモノ見せて頂きました。

 

当日は、色々と興味深い出展ブースがありました。

ゲーム、楽器、痛車、通信カラオケ、ゲーム、政治政党に至るまで多数。
今回は割愛したいと思いますが、今後色々な話題について、脱線しつつ取り上げたいと思っております。

今回は以上です。

ご覧頂き、ありがとうございました。