くぎ曲げ問題はプロフェッショナル・ファール?

遊技くぎ問題に関する回収対象機の全リストが公表されました。
対象機種はおよそ59万台だそうです。

牙狼魔戒の花・金色、北斗、真・慶次、エヴァ、ルパン等、
現主力機の多くがリストにあがっています。

年内いっぱいに入替できるように努力する
という取り組みのようですが、どうなる事でしょう。

撤去が進むという事は、入れ替えが増えるので、
メーカー側によっては、販売のチャンスと捉えられると思いますが、
一方、機械代を払うホール側はたいへんだと思います。

なので、自粛期間が終わった現在、
皆さんのホールの状況はどうでしょう…??

これから沢山台を買わなければならないホールさん。
きっと、初夏を感じさせない寒さが予想できます・・・

でもそんなの関係ねぇ!! と、MAXの真・慶次に座ってみると、

DSC_1819

2000円で赤保留キタァーーーッ!!
~ 傾奇御免キタァー!!
~ よっしゃー 当たった!!

でも、単発&スルー...
殿、無念でござる。

 

さて、話を戻しまして、従来より言われていた、くぎ曲げの問題について、
「検定機と性能が異なる機械」という事が問題視されているようですが、
今回はこれについて考えたいと思います。

一応、娯楽とされている遊技業界ですが、射幸性の高い台は人気があります。

そうした事も客側から見れば、選択肢の一つとしてアリだと思うのですが、
ここがクローズアップされてしまうと、娯楽ではなくギャンブルと見られてしまいます。

2008年に花の慶次が大ヒットした頃から、
北斗や牙狼のMAX機が次々と出てきました。

MAX機だからと言って、単にソフトスペックがMAXな訳ではなく、
大当たりが続いた際に、早く重く出玉が獲得できるよう、機械性能に工夫がなされています。

メーカーが検定機関に申請械を持ち込んで、実射試験を行った際、
出玉率が一定の基準値を超えると不適合となってしまう為、
釘調整を素人でも分かる位に斜めに曲げて(マイナス調整して)持ち込むのが定石となっています。

(※全てのメーカーがそうしている訳では無いハズです)

具体的には、短時間出玉、役物比率、時短中ベースです。
この数値を下げる為に、ゲート周辺の釘やアタッカー入口付近の釘が、ありえない位マイナス調整となります。

こうした機械が実射試験をパスし、適合を受けて市場に出る際に、
出荷時の釘調整はフラットに近い状態となる為、
出玉性能は検定時よりも出る方向へ現れるというケースが起こります。

もし、新台導入時に店がサービス調整をしてしまうと、
$ 10万発オーバー!! 
という状況も有り得る訳です。

数年前は、「10万発出る台はダメだ!!
と、怖いオジサン達によく言われたとか…

こうした出玉レースに滑車がかかったのか、
ついに看過できないレベルに行ってしまったのだと思われます。

近年、遊技機人口は明らかに減少傾向にあります。
それはホールに通ってみても実感できます。

日遊協によるレジャー白書2015にての市場規模

MAX機の競争が過熱する前の2006~2008年頃は、
海、エヴァ、京楽系のミドルコーナーが賑わっていた良い時代でした。

MAX機の出玉競争や業界が淘汰されていく中、
リーマンショック、東日本大震災、そして高齢化社会に関する問題等、
こうした社会情勢も遊技人口に影響を及ぼしていると感じます。

リーチ画面を見て「当たれ!」と思うのも本音ですが、
国会の中継を見ながら「早く景気回復させろ!」と思ってしまいます。

MAX規制による内規変更、ちょいパチの出現、等価交換の排除、
撤去機による入れ替え等、
現在、遊技業界は大きな転機をむかえています。

目的は射幸性を下げて、初期投資額を抑え、安定性のある機械にする事。
遊べる遊技機で遊技人口の減少を食い止める事。

遊技客のニーズを考えれば、何か矛盾しているように思いますが、
今後、業界がどうなっていくのか、しっかりと見守っていきたいです。

次回はちょいパチについて、考えたいと思います。
お楽しみに。

 

軍資金のお財布事情

梅雨入り後、雨の単発がチョロチョロと続いています。

会社務めで、お小遣い制のお父様方々。
今日もお仕事、お疲れ様です。

お小遣い制でパチンコを打ちに行くのも、やり繰りがたいへんです。
本当はMAX機を打ちたいのに、甘デジやワンパチ打っていたりします。

サラリーマンの平均年収が400万円台で、
月々のお小遣いが3万円程度という実情があるようです。

冷静に考えてみると、これがパチンコ打てる経済状況なのか、
と疑問を抱いてしまいます。

お財布事情は人それぞれかと思いますが、
P業界で働おり、パチンコを打つのが使命であるにもかかわらず、
奥さんから理解を得られる事が難しく、
仕事帰りにコッソリと打ちに行く旦那さんを、僕は何人も知っています。

中には負ける度に同僚からお金を借りて、
その額が結構凄い事になっていたりする訳です。
いったいいつ返済するのだろう、、、と、不思議です。

そういう人に限って、勝ちにこだわった理論的な立ち回りをせずに、
情熱に流されて、回らないマックス機で一発勝負!
という事を繰り返し、いつの間にやら蟻地獄...だったりします。

そんな人、皆さんの身の回りにもいるのではないでしょうか。

さて、今日のお題でもある軍資金のお財布事情に関連して、
その管理をどうしているか?
ちょっと雑談してみたいと思います。

収支を気にする場合、収支表をエクセルで付けているのは常識ですが、
現物をどうやって動かしているのか。

私の場合は、お財布を日常使う物と、
パチンコを打つ際の軍資金とで分けています。

DSC_0121アップ用

財布が4つありますが、
左の折り畳み財布の黒いのが、普段使っている財布。
左手前の黄色い折り畳みの財布が、軍資金を収納している財布です。

朝一にホールへ向かう際、
この軍資金財布から5万円抜いて、普段使っている財布へ入れます。
帰宅後は、残った軍資金を元の軍資金財布へ戻します。
貯玉も使っているので、5万円程持参すれば充分ですが、
もし、交換額が投資額を上回った場合、軍資金が増えていきます。

つまり、パチンコを打つ際は、日常の所持金からは出費せず、
パチンコ専用財布から出納するという事です。

収支が曖昧になっている方は、是非この習慣を真似してみて下さい。

そしてこの軍資金が、パチンコを打てば打つほど増えていき、
欲しいものを買ったり、旅行へ行ったり、美味しいものを食べたりと、
想像してみてください...楽しいですよ。

ちなみに、明日と明後日(2016年 6/16、6/17)は、
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)といって、
新しい商売を始めたり、財布を買い替えるには吉日らしいです。

という事で写真の右2つは、新しく買った財布です。

折り畳み財布は金運が下がるといますが、風水上の話でしょうか?
長年収支を上げていた経験からは、あまり気にしていませんが、
気持ち的には縁起をかつぎたいもので、長財布を買ってしまいました。

あ、大事な事を忘れていました。
貯玉カードを活用する事は当然ですが、財布が複数ある事で、
実戦へ出かける際に、貯玉カードを忘れないように注意して下さい。
これ、結構重要だったりします。

という事で、今日は「軍資金専用財布」についての雑談でした。

ご覧頂きありがとうございました。
次回をお楽しみに。

久々の新台入替です

梅雨に突入しました。
身体がだるーい季節ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、自粛明けの新台入替が各所始まっているようです。
今では当たり前のように(?)ポストに投函されているパチンコ店の広告も要チェックです。

DSC_1812

今回のパチンコ新台入替については、
巨人の星、スーパーマン、モモキュンソード、神撃甘等です。

300~500台級の中型店で各2台程度(計10台程度)

1000台クラスの大型店でも5台程度(計20~30台程度)

のようです。

はやり以前に比べ、新台入替のペースと台数も減ってきているようです。
各社で検定通過しているちょいパチも、今後どういった扱いになるのか?
気にして見ていきたいと思います。

さて今回は、 スーパーマン のスペックが少し気になるところです。

ST確変のリミット機。

確変ラッシュの入口が5%で継続期待値83%の7回リミット。
1回の出玉がおよそ1000個
順調にリミットまで大当たりを引けば、7000発以上の出玉となるはずですが、入口が狭い分、確変に入るまでの苦戦も予想できます。

初当たりの残り95%が通常の時短100回ですから、
この時の引き戻しを加味すると、39%程。
つまり、95%中の39%で確変を引く救済的な抽選があると考えて、これがおよそ37%。

つまり、初当たりをすれば、確変に入って連荘する期待値はおよそ4割以上はあると思って良いでしょうか。

また、リミット発動後から始まる通常時短100回。
この時に大当たりを引ければ、更に大連荘の可能性がある訳ですね。

しかし、ですよ。
継続率は高くて、実質の突入率が低めの台。

私の経験則で恐縮ですが、これまでの実戦経験からすると、
結構回る台を朝一にキープできて、

「ヨッシャー勝負台ゲット!」

と思いつつ、昼過ぎても満席の島全体がなんとなく寂しい...
(20台中、ドル箱山積みしている人が、4人位。)

という状況がトラウマとなって思い出されます。

皆さんも、そんな経験はありませんか?
稼動して見ないと分かりませんが、こうした入口の狭いスペックは注意して触っていきたいものです。

東京レイヴンズ

6月 になりました。
出歩くのに少し暑くなってきました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、最近はV通過の機械が増えましたね。

今回実戦したのは、CR東京レイヴンズ です。

スペック等については、リンク先のメーカーホームページをご参考下さい。
1種2種タイプのようです。
最近、この手の台が増えました。

実質大当たり確率は、大当たり確率(1/276)と、小当たりのVチャンスからによる、成功の確率の合成らしいので、ちょっと計算してみました。
計算式は以下のとおり

1/276 + 1/x = 1/239

計算すると、xが1782 これは小当たりでV通過する出現率といいましょうか、Vチャンスが成功する割合は、およそ 6.2分の1で、まぁほど良い割合かと思います。

肝心なV通過まわりの仕組みを、順を追って見ていきます。

ムービーは画像が粗くなるので、カタログを一部抜粋しますが、Vチャンスか、図柄揃いによってRUSH中となった場合の作動についてです。

raven1

まず小当たりに当選すると、①羽アタッカーが開きます。
時短中は、この時の変動は1~2秒程度と短く、図柄が停止してから即羽アタッカーの開放のタイミングとなり、判別しての打ち出しは不可能だと思われます。

初めに入賞した球が、その下の黒丸の枠が描かれている辺りに貯留されます。

貯留中に液晶の演出が進行します。
(「邪気を払え...出でよ北斗」とかいうかけ声が入ります)

その後、貯留が解除され②上部へと左に流れていきますが、その先にある羽アタッカー作動中に動いている振り分け可動片によって、②の部分の奥側か手前側に球通路が振り分けられます。これは見た目上1/2です。

球が奥側に通過した場合、②コングミック部のランプGOが点灯して、
「Vを狙え!」となり、奥側に貯留さえた球がリフトアップされて、「へ」の字のような屈折部の部分に球が止められている姿が明らかになります。

raven2

(この状態が3秒程度、ドキドキの瞬間です)

右部にある鳥のような形状の装飾役物の③北斗ギミックが出てくるタイミングで解除され、④Vチャレンジギミックへと流れていきます。
尚、北斗ギミックは遊技球との接触はなく、あくまで演出上のギミックです。

raven3

Vチャレンジギミックは、絶えず左右へ振り子のように動いていますが、滑らかに往復動作をしているのではなく、右端と左端の部分で、ごく短い時間(数百ミリ秒程度)停止をしているような動作となっています。
これが、通過と非通過を作り出すツボになっているのではと推察します。

raven4

球が中央のV領域へ通過すると2種当たりとなりますが、おそらく非通過の小当たりの場合は、中央へ球が落ちないタイミングで解除がされる仕組みだと思われます。

また、これらの作動中に、「振動センサ強化中」とのテロップが液晶表示され、ど突きゴトへの抑止力効果を出しています。
きっと、内部的なエラー強度にも影響しているのでしょうね。

図柄確定から作動時間に関する判別対策と、振動センサによるエラー監視によって攻略と不正に配慮した部分が垣間見れます。

W撃破チャレンジは、これらの動作に復活演出として、ボタンチャレンジが用意されており、直当たりへの期待を持たせる+α演出のようです。

リーチ関連については、背景移行を踏まえ、保留の先読みやボタンを使った連続演出などもあり、結構楽しめました。
ちなみに赤保留に変化したら、結構激熱だと思います。

個人的には、猫の絵となる保留のステージが、ちょっと萌え系で好きですが、今回の実戦は2万円を使って370回転程。
大当たり無でした...またしてもトホホ...

今回はこれまで。
次回をお楽しみに。