ピカれ!まるまるアイランド

今回ウォッチするのは、導入間もない、

CRピカれ!まるまるアイランド

を取り上げたいと思います。

液晶の図柄は、横スクロールの海タイプです。

常時8個保留機能搭載(交互入賞タイプ)のようですが、

この機械のポイントとなる「キノポックルート」の搭載により、

ステージ奥のスタート入賞口(賞球5個)への入賞率が大幅にアップ。

という事らしいので、そこを詳しく見ていきたいと思います。

%e7%9b%a4%e9%9d%a2%e9%81%8a%e3%81%b3%e6%96%b9

写真のSTEP2とあるところがキノポックルートのギミックで、

最上段から振分装置が、それぞれ3つあります。

それぞれの振分装置は、全て2分の1で左右に球が振分られます。

最上段の振分装置から、それぞれ振分1、振分2、振分3とすると、

振分1については、右
振分2については、左
振分3については、右

がそれぞれステージへ向かうルートになります。

発射数に対する振分順序を表にまとめてみました。

%e7%99%ba%e5%b0%84%e3%81%a8%e6%8c%af%e5%88%86%ef%bc%92

ステージへ向かう事とならない場合のルートは、
大きく分けて2ルートあり、

振分1と振分3では、結果的にはぼほ同じルートとなり、
道釘1へとなります。

振分2でステージへ行かない場合のルートは、
右釘2へとなります。

道釘1へは、中央左部(一般的には風車があるあたり)から、
ヘソ中央への道釘上段へ向かい、始動口へ入賞する可能性が
少なからずあるルートへ。

道釘2へは、縦方向へ落下する動きが強く道釘へ球が行くので、
道釘下段へ球が流れて、始動口への入賞はほぼ無いというルートになります。

打ち出しの盤面付近からキノポックルートを出るまでは、釘が1本も無いので、
ステージへ球が乗る割合は、完全に振分装置に依存される仕組みとなっています。

ステージに乗った球は、象さんの絵がある所に、黒いシャッターが開閉されています。
1秒回に2回程度、一定の周期で開閉しており、
シャッターが手前に伸びきったタイミングで球が通過すると、
ヘソ確定ルートへ球が誘導されるルートとなっています。

%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%bf%e8%b1%a1

ここで、シャッターによる球がヘソへ向かう割合は、
だいたい3~4割程度かな、という印象です。

ステージルートから必ず始動口へ入賞すると仮定した場合は、
そのスタートは、

3割の場合だと、3.75
4割の場合だと、5.00

となりますが、
これに、道釘へ球が流れた場合の入賞率が加算されたのが
実スタートとなります。

こちらの割合はかなり低いので、ヘソでスタート調整が主になってくると思います。

以上のような仕組みから、
ヘソの命釘と、道釘1の出口付近の釘調で、およそスタート調整は完結できそうな構成です。

ホールさんも釘調整は楽だと思います。

一昔前は、釘の本数が200本以上だったと思いますが、
現在は、液晶やギミックが増えたせいで、その数もかなり少なくなってきています。

こうしたシステムが発展していけば、釘の本数が数十本。
調整はヘソのみ。
という時代が来るかもしれませんね。

DD北斗の券(笑)

何やら大げさなお題ですが、最近、久々にパチンコで笑った機種がありました。

7月に導入された台を取り上げてみたいと思います。

パチンコCRDD北斗の拳 三兄弟Ver

 

サミーの北斗であれば、スロ&パチ両方、大人気機種ですが、

本機種は、北斗と名がつき、登場人物は実物と同じなのですが、

物語の展開がパロディーチックというか、完全なギャグ路線です。

パロディーパチンコって、ありそうであまり無い気がします。

遊技業界も権利関係でトラブルになる事もあります。

あまりへんな事はできませんね。

ちょっと回想してみると、昔は露骨なのが結構あった気がします。

ROBOQ

子供の頃に親がよく打っていた羽物ロボQですが、

どうみても、スターウォーズですよね。

本機、DD北斗は高尾さんなのですが、同社から、CR蛭子能収 って台がありましたね。

何故か、魚群が流れたり、コマネチしてVだったり...あれには笑いました。

さて、DD北斗ですが、写真は高尾さんのショールームで見させて頂いた際の写真です。

DD北斗_1遊技機正面

・下部のサブ液晶に三兄弟(ラオウ、トキ、ケンシロウ)
やはりジャギの姿が見当たりませんが、右側のポップに「俺の名を言ってみろ!」とあります。

DD北斗_2アタッカーまわり

大当たりにおいては、右打ちとなり、アタッカーが上下に配置されています。

つまり、ラウンド間がシームレスとなっている、いわゆるゼロアタッカーです。

これをレイ(零)アタッカーと謳っています。 ...笑

さて、演出を少し見てみます。

ケンシロウモード。

どうやら三兄弟で、コンビニを経営しているという設定のようです。

DD北斗_演出101 DD北斗_演出102 DD北斗_演出103 DD北斗_演出104 DD北斗_演出105 DD北斗_演出106 DD北斗_演出107 DD北斗_演出108 DD北斗_演出109 DD北斗_演出110 DD北斗_演出111 DD北斗_演出112 DD北斗_演出113

 

くだらないですが、何度見ても笑っちゃいます。

時折、リンやバッドの突っ込みが入ります。

予告キャラの数が多すぎるとか。

DD北斗_演出201

しかし、こうした台は、好き嫌いが分かれるタイプかもしれませんが、

自分は面白いと感じました。

さて、演出を少し取り上げたところで、スペックの方も見てみたいと思います。

現行V確STのマックス1/319の突入率56%の65%継続。

ST回数が36回としているので、継続する時のスピード感は、ロングST機よりはあると思います。

昨今のV確主要機種を幾つか挙げてみると、

蒼天の拳天帰  1/32.0(ST33回)
烈火の炎   1/95.8(ST100回)
闇を照らす者XX 1/154.20(ST161回)

ご覧のとおり、これだけ違います。

夜パチをする場合は、閉店間際に確変を取りこぼすという事態もありますので、

ソフト確率から時間効率を考慮して、機種選択をするのも一つの考えだと思います。

遊技仕様は多様化していますので、単にソフト面だけでは判断できない部分もありますが、どの機種を選択するか迷いますね。

新台を選ぶ際に、単に確率面だけで機種選択をすると、

いざ大当たりした後に、あ・失敗した...という経験もあります。

変動長や球取りの構成も踏まえ、ベストな一台をチョイスすると良いと思います。