時短1回の妙技?

タイガーマスク3が話題となっているようです。

少ない出玉ながら、台連荘して○万発オーバーとか。

データを見ると、確かにあります。

タイガーマスクラッシュ中_2

まぁ、これはほんの100連荘ですが、

ネット上でも、4桁台の大当たり(1000回以上)も目撃されています。

新基準ながらも、一撃の夢はあるのだと思います。

さて、ここでちょっと気になるのが、

最近用いられている、時短1回のスペックの扱い方です。

今回はそのあたりを掘り下げてみます。

最近の三共さんの機械では、

マクロスフロンティア2、ヤマト等、

これらも、時短1回という特性が用いられていましたが、

旧基準機でもあった、1+2種タイプで、

時短終了時に特図2保留を用いてのセット機タイプの連荘とは違います。

中身(プログラム)を見た訳ではないので、あくまで想定上の話ですが、

特にタイガーマスク3では、右下にある黄色いスライドアタッカーが、

普電とされているらしく、この入賞(8カウント)によって、

出玉(10個×8)を増やすタイプのようです。

じゃぁ、特電(アタッカー)は?

という疑問が出てきますが、

特電(アタッカー)は、始動口の下部(中央最下部)にあるのが特電のようで、

変動に対して、かなりの頻度で極小開放となる事を踏まえると、

図柄の振分(時短ありの大当たり)によって、

実大当たりを作り出しているという事になります。

この時短ありの割合が、実確率の1/256を作り出しているようです。

また、継続率の98.8%というのも、大数ある図柄の割合から作り出している

という事が推測できます。(64230/65000 ?)

RUSH中の動きについては、順を追って見てみます。

タイガーマスク右盤面

右中央部の通過口へ球が通過すると、普図が変動し、

即当たりとなり、スライドアタッカーが開放する。

開放時間は5秒あれば、流路と打ち出しの関係上、7~8個の入賞が可能なので、

10個の払い出しで、若干(60~70個程度)の出玉が得られます。

この間に、獲得ポイントの加算表示が行われていき、

1発目に入賞した球は、特図2を変動させ、

この変動にて、時短のあり/なしが98.8%の割合で抽選されており、

時短ありならば、短い大当たり作動(特電のショート開放)を経由して、

PUSH継続となります。

この大当たり作動間に、BONUS回数の更新表示が行われます。

また、大当たり図柄がバラケ目で停止する場合には、

バトル演出(転落するかどうか)が行われ、

この時には、変動時間(または大当たりオープニング時間?)が

長く設定されているようです。

特性上、普図と特図2(普電)の保留が無いはずなので、

大当りの1回のサイクルの所要時間は、実測したところおよそ8秒程度なので、

スライドアタッカーに8個球が拾うタイミングを見計らって、止め打ちをすると

持ち球獲得の精度がかなり上がると思います。

技術介入要素があるとすれば、ココしかないですね。

少なくとも、バトル演出になって、だらだらと右打ちをしないのが得策です。

さて、ここで気になるのが、時短中の球増えについて、

規則上、時短中のベースが100を超えてはならないのを、

どう回避しているかという点です。

時短終了時の普電入賞

本機は、時短が1回付与されているようですが、

図のように、特賞2がオフとなるタイミング後にも普電は球が入賞されるので、

この間の入賞による払い出しは、BAに含まれませんよ、

という解釈がOKとみなされているのかどうか、、、です。

また、バトル演出では、作動間が間延びするので、

こうした事(BAの100超え)を回避する要素にもなっています。

なので、繰り返しになりますが、

スライドアタッカーで8個拾うタイミングで上手く止め打ちを行う事。

これによって、かなりの出玉が違ってくると思います。

実戦・実践あるのみです。

以上の事が、おおよそあてはまっているならば、

時短1回の妙技といって良いと思います。

規則に制約がある中、業界も知恵を振り絞って、

色々な機種が出てくる事は嬉しい限りですね。

 

ルチャ☆ドールマスク スーパーゴールドタイガー【プロレス覆面 タイガーマスク パーティーグッズ 阪神 応援 タイガーマスク なりきり プロレス】【C-0029_012315】

価格:2,170円
(2017/1/12 19:12時点)
感想(0件)

FEVER タイガーマスク サウンドトラック

価格:1,872円
(2017/1/12 19:14時点)
感想(0件)


2016年 導入機種数

年が明けて、2017年(平成29年)となりました。

一昨年の内規変更からの、MAX機の入替がすすんでいますね。

皆さんは、現行MAX機(319)には、もう慣れてたでしょうか?

楽しめていますでしょうか?

私は、MAX党ではないですが、まだ慣れたって感じではありません。

さて、2016年のメーカー別の総括が出たようです。

スロットの販売台数的には、上位3メーカーとして、

 1位 ユニバ系(23万台)
 2位 サミー系(19万5千台)
 3位 オリンピア(9万2千台)

となった模様です。

ユニバ強しですね。

パチンコメーカー(グループ)別では、

 1位 三洋物産(38万台8千台)
 2位 SANKYO系(23万4千台)
 3位 サンセイ(22万2千台)
 4位 サミー系(20万台)
 5位 平和(18万9千台)
 6位 ニューギン(15万8千台)

となった模様です。

機種別では、三洋さんの海JAPANと沖海4の両方で10万台オーバーとなり、

その他の10万台機は、出なかったようです。

3番目に売れた機種は、北斗無双の8万9千台。

4番目に慶次~雲、5番目にルパン THE END と続いている模様です。

サンセイさんは、旨く黄金騎士の盤替えで繋いでいる印象を受けます。

平和さんは、この2~3年は、安定している印象です。

それにしても、思った以上に、海の時代が続いていますね。

しかし、、、アレレ、京楽さんは、何処へいってしまったのでしょうか、、、

10位にも入っていないとか。

映画 テラフォーマーズ も、興行収入的に不当たりだったようで、

その煽りも受けてか、負のスパイラルに落ちてしまったのかどうか、、、

まぁ、こればっかりは、当事者の方々を含めて、関係者しか知らぬ領域の話ですが、

冬ソナや仕事人Ⅲの頃が、大好きだった私としては、いささか寂しい限りです。

という事で、年始はこの一言で締めくくりたいと思います。

 頑張れ・京楽さん!!