2016年 秋の各社主要機の展望

皆さん、こんにちは・こんばんは。

すっかり涼しくなって、過ごしやすくなりましたね。

魚やきのこが美味しい季節となりました。
さて、2016年秋~年末にかけて設置される各社主要機種について、

一遊技者の視点で展望を考えてみました。

まずは、確率と出玉を独自に調査した結果、以下のような表をまとめました。

 

2016%e5%b9%b4%e7%a7%8b%e4%b8%bb%e8%a6%81%e6%a9%9f%e7%a8%ae2

もう沖海4は既に設置が開始され始めています。

いずれも、現行フルスペックな訳ですが、数値をよーく比較してみると、

はやり違いがあるものですね。

各機、出玉の山をどう作るかが、はやり違いが出てきます。

まず注目して頂きたいのは、「突入確率」です。

これは低確率の初当たりに、確変割合を掛け合わせた値ですが、

沖海が500オーバーで、慶次が600オーバー。

つまり、単純に考えると、射幸性という意味合いになる訳ですが、

海は変動消化が非常に早いのと、特1と特2の特賞平均(大当たり出玉)が

安定して獲得できるという点で、うまく吸収されていると考えられます。

このあたりは他と比べて、安定感は抜群であると言えるでしょう。

そして、慶次ですが、最大出玉が2400個。

%e6%85%b6%e6%ac%a1%e9%9b%b22400%e5%80%8bこれが確変中は50%の割合で獲得ができるので、この中での出玉の期待感は一番かもしれません。

そしてアニメ牙狼。

大当たり確率を近めにして、確変中の出玉も多めとしています。

このあたりは、時短回数と初当たり出玉とのバランスを含め、よく調整されたと思います。

ちなみに、アニメ牙狼はTVで見てました。

かなり面白かったです。最終回は感動しましたね。

次にルパンですが、ラッシュ中は最大2100個の出玉とうたっておりますが、

_20161006_115911

これが42%の割合なので、慶次に比べると、ちょっと弱いと感じます。

確変に入って平均特賞は1300個弱。牙狼よりも明らかに弱いと感じます。

そして、エヴァですが、ここ数シリーズは、演出のクォリティーは高いのに、

出玉で失敗してしまっているイメージがあります。

今回はどうなんでしょうか、、、

表の平均特賞を見る限りは、ルパンと似た感じですね。

エヴァの方が15R最大出玉が1800個と少な目ですが、

その割合が58%であり、ルパンの1000個以上の出玉46%よりは、

安定して回数に応じて出玉は獲得できそうです。

 

よって主戦台は、海と牙狼の二択。

一発狙いの格好物としては慶次が一押し。

ルパンとエヴァは厳しい展開が予想できます。

 

以上、あくまで、独自の予想です。

稼動がどうなるかは、店舗の扱いと遊技者で決まる事です。

という事で、今回は、この秋からの各社主要機の展望について考えてみました。

皆さん、ぱちんこの秋を楽しんで下さいね!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA