今後の展開は...

自粛期間中のホールは結構盛り上がっているようです。
お友達からもチラホラと、そうした情報をキャッチしています。

サミットも、オバマ大統領の広島訪問等、ニュースで取り上げられていますが、遊技業界としては自粛期間後の入替がどうなるのか、注目したいところです。

現行の甘デジよりも更に遊びよくなったちょいパチが、各メーカーで検定を通過しているとの事。
これが1円パチンコ等の低玉貸しに影響を及ぼして、4円ファンに取り戻す影響が出るのか、または独自の遊技性が誕生するのか等、気になるところです。

今後の注目の台を一つあげるとすれば、
CR巨人の星~情熱の炎~ ですね。

ムービーがアップされていますが、楽しみですね。
想像どおり、星一徹による球場のちゃぶ台返し演出がありました。

一徹父ちゃんといえば、こうしたシーンがどうしてもクローズアップされる傾向にあるようで、強度のスパルタキャラとして定着していますが、息子を野球人として育てる為に肉体労働をして名門私立高校へ入学させたり、甲子園に出発する息子を東京駅へ密かに見送りに行ったりと、個人的には凄く良い父親に思えてなりませんね。

 

しかし、今回の巨人の星ですが、プレミア演出で、桑田・清原のPLコンビがプレミア出演として実写で用意されていたと噂がありました。
これが本当ならば、今回の清原逮捕によってメーカーさんも多大なリスクをしょってしまったのだと推察できますが、どうなんでしょう...

清原氏逮捕されちゃいましたから、おそらく映像は搭載されていないでしょうが、最近の芸能界も不倫で賑わっていますし、実際にタレントさんを使うと、こうした事があるから怖いですよね。

少し話が暗い方向へ行ってしまいましたが、スペックはロングSTタイプのようです。
今回は電チュー保留にも通常が2割振り分けられているらしく、従来のロングSTとはこのあたりが違うようです。

確変が200回のロ~ングSTとの事で、とにかく、導入後も一徹の暴れっぷりを楽しんでみたいですね。

一徹父ちゃんの話が出たところで、P業界こぼれ話、、、ではないですが、奥さんに内緒でパチンコに行く旦那さんも結構います。
仕事上パチンコを打つ必要のある業界関係者も、実はこんな現状だったりします。

あ、そうそう。明子姉さんも居ましたね。
映像で見ると、明子姉さんが微笑んで明子チャンスというリーチがあるようです。

そもそも明子姉さんってこんなキャラだったのか!?
木陰から飛雄馬をこっそり見守っている明子姉さん。
そんな印象だったはずです。

明子チャンスで大当たりするか、楽しみです。

皆さんも6月に導入される新台を、自分なりの視点で楽しんで頂きたいと思います。

以上です。