ピカれ!まるまるアイランド

今回ウォッチするのは、導入間もない、

CRピカれ!まるまるアイランド

を取り上げたいと思います。

液晶の図柄は、横スクロールの海タイプです。

常時8個保留機能搭載(交互入賞タイプ)のようですが、

この機械のポイントとなる「キノポックルート」の搭載により、

ステージ奥のスタート入賞口(賞球5個)への入賞率が大幅にアップ。

という事らしいので、そこを詳しく見ていきたいと思います。

%e7%9b%a4%e9%9d%a2%e9%81%8a%e3%81%b3%e6%96%b9

写真のSTEP2とあるところがキノポックルートのギミックで、

最上段から振分装置が、それぞれ3つあります。

それぞれの振分装置は、全て2分の1で左右に球が振分られます。

最上段の振分装置から、それぞれ振分1、振分2、振分3とすると、

振分1については、右
振分2については、左
振分3については、右

がそれぞれステージへ向かうルートになります。

発射数に対する振分順序を表にまとめてみました。

%e7%99%ba%e5%b0%84%e3%81%a8%e6%8c%af%e5%88%86%ef%bc%92

ステージへ向かう事とならない場合のルートは、
大きく分けて2ルートあり、

振分1と振分3では、結果的にはぼほ同じルートとなり、
道釘1へとなります。

振分2でステージへ行かない場合のルートは、
右釘2へとなります。

道釘1へは、中央左部(一般的には風車があるあたり)から、
ヘソ中央への道釘上段へ向かい、始動口へ入賞する可能性が
少なからずあるルートへ。

道釘2へは、縦方向へ落下する動きが強く道釘へ球が行くので、
道釘下段へ球が流れて、始動口への入賞はほぼ無いというルートになります。

打ち出しの盤面付近からキノポックルートを出るまでは、釘が1本も無いので、
ステージへ球が乗る割合は、完全に振分装置に依存される仕組みとなっています。

ステージに乗った球は、象さんの絵がある所に、黒いシャッターが開閉されています。
1秒回に2回程度、一定の周期で開閉しており、
シャッターが手前に伸びきったタイミングで球が通過すると、
ヘソ確定ルートへ球が誘導されるルートとなっています。

%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%bf%e8%b1%a1

ここで、シャッターによる球がヘソへ向かう割合は、
だいたい3~4割程度かな、という印象です。

ステージルートから必ず始動口へ入賞すると仮定した場合は、
そのスタートは、

3割の場合だと、3.75
4割の場合だと、5.00

となりますが、
これに、道釘へ球が流れた場合の入賞率が加算されたのが
実スタートとなります。

こちらの割合はかなり低いので、ヘソでスタート調整が主になってくると思います。

以上のような仕組みから、
ヘソの命釘と、道釘1の出口付近の釘調で、およそスタート調整は完結できそうな構成です。

ホールさんも釘調整は楽だと思います。

一昔前は、釘の本数が200本以上だったと思いますが、
現在は、液晶やギミックが増えたせいで、その数もかなり少なくなってきています。

こうしたシステムが発展していけば、釘の本数が数十本。
調整はヘソのみ。
という時代が来るかもしれませんね。

アレトロン

今回は、少し前の機械でありますが、CRアレトロンを見てみたいと思います。

<基本スペック>

【V入賞率】
1/12.6

【賞球数】
1&3&10&15

【ラウンド数】
12R/8C(右アタッカー)
12R/2C(下アタッカー)

【出玉数】
約1440個

【時短回数】
100回

V撃2回1セットタイプ

————————–
ゲームフロー(メーカー公式ページより)

 

[1]左上部の通過口へ球を通す。

[2]通過した球が、3.6個に1個の割合で「開」チャッカーへ入賞。

[3]チャッカー通過玉は、その下のチャンスベロの開放へ
3.4個に1個の割合で通過しVルーレット抽選へ

[4]チャンスベロを通過した球は、
その下のVルーレットで1/12.6の確率でV入賞。

[5]右打ちで大当たり開始。

[6]BONUSアタッカーに球を入れて出玉獲得。

[7]ラウンド終了後、時短100回となり右下の電チューがロング開放。

[8]再度Vルーレット抽選を行いV入賞後は右打ちで出玉獲得。

——————-

◎システムの分析

[1]左上の入口は通過口のようで、あくまでランプをフラッシュさせる為の通過口のようです。
通過した瞬間に、「テーレーン!!」と効果音が発生し、1秒間程フラッシュします。
始動口はあくまで、[2]の「開」と描かれた入賞口です。

3.6個に1個と言われているようですが、実際はもっと悪い気がします。

始動口に入賞すると、1テンポ置いてその下にある。
[3]のベロ電は短開放を2回行います。
おおよそ小当たりで、もし直撃図柄大当たりの場合は、デキレースになるのでしょうか?(未確認)

変動してから、開放するまでの時間は、
最短で1秒の間隔もあれば、3秒程度の時もあります。
これは特図1の変動時間または、オープニング時間の違いで設定されている模様。

[4]ベロは2カウントのようなので、1回の当たりで最大2個入賞します。
この開放においても、球の拾いはあまりよくありませんが、稀に2個入賞した時が大チャンスです。

アレトロン_1_2個入賞

球がここへ入賞すると、救急車のサイレンのような効果音で盛り上げます。

Vルーレットの回転体は、1秒弱のコマでカクカクと動いています。
12.6分の1という入賞率のようですが、
1周が5コマで構成されいて、V流路の辺りでは1コマが長く早く回転していますので、だいたいそれ位かと思います。

めでたくVに球が入ると、右打ちアナウンスとなるのですが、
[5]のゲートに球を通すと大当たりが開始される模様です。

アレトロン_2_V通過後アナウンス

これは条件装置としての通過口と、普図ゲートを兼用している模様です。
セグの動きから、通過口を球が通ったタイミングと、普図が変動するタイミングで確認できました。

 

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e5%a4%a7%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e9%96%8b%e5%a7%8b%e6%99%82

[6]のBONUSアタッカーにて13Rまで大当たりがあるのですが、
2種大当たりの為か、右側上部のラウンドのセグが「2R」から「13R」まで点灯されており、実12Rである事が確認できました。

下部のセグはカウント数が表示されています。
ちょっとした遊び心ですね。

大当たり終了時に、状態セグが点灯し時短に突入すると
[7]右下の普電が開放して再度、[2]のベロへ入賞させる。
この時に、ベロの開放も時短用にロング開放となっている模様で、すぐにV抽選になるように構成されているようです。
時短は100回あるのですが、パンク(時短満了までV未通過)とならないようになっています。

[8]再度V直撃の当たりを獲得して、初当たりと同じ手順([5]~[6])で当たり出玉を獲得します。

当たりラウンドが終了すると、状態セグが消灯され、通常状態へ戻ります。

2回の大当たりで出玉はおよそ2800個位でしょうか。

セグの右上8個ですが、これは初回のV通過時~時短終了まで点灯しておりました。
これはV当たりのセグだと思わるのですが、2回目の当たりを獲得する間も消灯していなかったので、
V当たりが1種類だけなのか、詳細がちょっと不明でした。

手書きですが、右上にあるセグの分析結果をアップしておきますので、参考まで。

 

アレトロンセグ解析

 

それにしても、液晶主流の時代に、球の動きで一喜一憂できる面白機械ですね。

まだ設置していますので、皆さんも一度、触ってみて下さい。

東京レイヴンズ

6月 になりました。
出歩くのに少し暑くなってきました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、最近はV通過の機械が増えましたね。

今回実戦したのは、CR東京レイヴンズ です。

スペック等については、リンク先のメーカーホームページをご参考下さい。
1種2種タイプのようです。
最近、この手の台が増えました。

実質大当たり確率は、大当たり確率(1/276)と、小当たりのVチャンスからによる、成功の確率の合成らしいので、ちょっと計算してみました。
計算式は以下のとおり

1/276 + 1/x = 1/239

計算すると、xが1782 これは小当たりでV通過する出現率といいましょうか、Vチャンスが成功する割合は、およそ 6.2分の1で、まぁほど良い割合かと思います。

肝心なV通過まわりの仕組みを、順を追って見ていきます。

ムービーは画像が粗くなるので、カタログを一部抜粋しますが、Vチャンスか、図柄揃いによってRUSH中となった場合の作動についてです。

raven1

まず小当たりに当選すると、①羽アタッカーが開きます。
時短中は、この時の変動は1~2秒程度と短く、図柄が停止してから即羽アタッカーの開放のタイミングとなり、判別しての打ち出しは不可能だと思われます。

初めに入賞した球が、その下の黒丸の枠が描かれている辺りに貯留されます。

貯留中に液晶の演出が進行します。
(「邪気を払え...出でよ北斗」とかいうかけ声が入ります)

その後、貯留が解除され②上部へと左に流れていきますが、その先にある羽アタッカー作動中に動いている振り分け可動片によって、②の部分の奥側か手前側に球通路が振り分けられます。これは見た目上1/2です。

球が奥側に通過した場合、②コングミック部のランプGOが点灯して、
「Vを狙え!」となり、奥側に貯留さえた球がリフトアップされて、「へ」の字のような屈折部の部分に球が止められている姿が明らかになります。

raven2

(この状態が3秒程度、ドキドキの瞬間です)

右部にある鳥のような形状の装飾役物の③北斗ギミックが出てくるタイミングで解除され、④Vチャレンジギミックへと流れていきます。
尚、北斗ギミックは遊技球との接触はなく、あくまで演出上のギミックです。

raven3

Vチャレンジギミックは、絶えず左右へ振り子のように動いていますが、滑らかに往復動作をしているのではなく、右端と左端の部分で、ごく短い時間(数百ミリ秒程度)停止をしているような動作となっています。
これが、通過と非通過を作り出すツボになっているのではと推察します。

raven4

球が中央のV領域へ通過すると2種当たりとなりますが、おそらく非通過の小当たりの場合は、中央へ球が落ちないタイミングで解除がされる仕組みだと思われます。

また、これらの作動中に、「振動センサ強化中」とのテロップが液晶表示され、ど突きゴトへの抑止力効果を出しています。
きっと、内部的なエラー強度にも影響しているのでしょうね。

図柄確定から作動時間に関する判別対策と、振動センサによるエラー監視によって攻略と不正に配慮した部分が垣間見れます。

W撃破チャレンジは、これらの動作に復活演出として、ボタンチャレンジが用意されており、直当たりへの期待を持たせる+α演出のようです。

リーチ関連については、背景移行を踏まえ、保留の先読みやボタンを使った連続演出などもあり、結構楽しめました。
ちなみに赤保留に変化したら、結構激熱だと思います。

個人的には、猫の絵となる保留のステージが、ちょっと萌え系で好きですが、今回の実戦は2万円を使って370回転程。
大当たり無でした...またしてもトホホ...

今回はこれまで。
次回をお楽しみに。