天下一閃

前回は、各社主要機種を取り上げましたが、

今回は大一の天下一閃を取り上げたいと思います。

タイプは1種2種のようです。

現時点では、導入が始まっているようですが、小数台設置のようなので、

近隣では直営店でしかまだ設置されていないような状況です。

遠方まで行かないと、なかなか遊技できないレア台かもしれません。

遊び方については、メーカー公式サイト 大一ジャーナル をご覧下さい。

 

%e5%a4%a9%e4%b8%8b%e4%b8%80%e9%96%83%e6%ad%a3%e9%9d%a2

当サイトでは、技術的な面を踏み込んでウォッチしていきたいと思います。

以前、アレトロンを取り上げましたが、盤面構成が似ていますね。

上部の入口を通過させ、下部の入賞口へ入賞すると右打ちとなる。

そして、右部のは大きさセグが二つ。ラウンド数とカウント数を表示する。

これらの大筋な流れは、アレトロンと似ていると言って良いでしょう。

では、その中身について、順を追って見ていきましょう。

%e5%a4%a9%e4%b8%8b%e4%b8%80%e9%96%83_%e5%b7%a6%e6%89%93%e3%81%a1%e6%b5%81%e3%82%8c

アレトロンと同じ要領で、まずは(一)中央のINの部分を狙います。

なかなか入らないと思いますが、ひょっこり入る場合もあるようです。

INへ入った球は、上段の(二)回転体を通り、その奥にある赤い水車のような溝へ通ると、中段部へ落ちます。

ここでは球が通る溝の大きさも動きも等分のようなので、

溝は、透明→透明→赤 の流れで動いており、この通過率は純粋に3分の1のようです。

回転体を突破した球は中段部の(三)クルーンへ落ちます。

ここは穴が一つしかありませんので、分岐はなく、球は全て下段へ落ちます。

そして、下段の中央で常時動いている(四)ミラーボールのような回転物に球がぶつかると、

キャタピラのような形状で弾かれて、下段内のステージ上で球があちらこちらへ弾き飛びます。

ここでの球の動きは、かなりのランダム性があり焦らされます。

すんなりと中央の排出部へ球が落ちるケースは少ないようです。

その間、戦国時代をほうふつさせるほら貝や太鼓の音を交え、戦国武将の掛け声が入ります。

このサウンドはなかなか良いアクセントとなっています。

そして、球が中央の排出部(五)を突破すると、ドビュビューーン!!

「敵将打ち取ったりー!!」

と音声が流れます。

この瞬間は、デジパチには無い興奮があると思います。

上部の回転体の左下の排出部もそうですが、

下段排出部の左・中・右には、いずれも通過センサのような物が見受けられます。

これは入賞検知スイッチというよりは、球が排出された事を検知する不正検出の機能と、

演出切替用の用途があると思います。

中央部の排出の下には、入賞口があり、これが始動口で即小当たり作動となるようです。

ここで、中央へ入賞した直後に、クルーン内の別の残り玉が再び中央部の排出へ行っても、

当たりは無効となるようです。これは特図1の入賞受付の契機が客待ち中のみで、

つまり、特図1の保留がゼロという事になるかと思います。

小当たりが作動して右打ちになると、

「右打ちでVを討ちとれ~!!」

とのアナウンスがリピートされます。

その後、右下部のスライドアタッカーが短開放で複数回開放します。

開放時間が極小の短開放ですが、打ち出した球の殆どがこのスライドアタッカー上を通過するので、

数回の短開放において、数発はアタッカー内へこぼれ落ちるように入賞する機構のようです。

アナウンスが開始されてから、ゆっくりと打ち出しを開始しても、

まず取りこぼしは無いような開放動作となっていると思います。

スライドアタッカーが作動する際、アタッカー内の貯留装置の凹が、貯留位置の上部へ90度程動きます。

1発目が貯留する仕組みのようなので、1発でも入賞すればVとなる仕組みです。

%e5%a4%a9%e4%b8%8b%e4%b8%80%e9%96%83_%e8%b2%af%e7%8e%89%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

複数回の開放をした後に、

「放て~!!」

の音声があり、このタイミングで貯留装置凹が右のVの方へ90度程回転をして、V入賞を促します。

こうしてVとなった時点で、ラウンドセグが「2」(2R)を表示して、

下部のアタッカーが開放し、「16」までラウンドが続き、実質15分の出玉を獲得します。

こうした態様は、アレトロンと類似していると思います。

大当たりの獲得をした後には、時短状態(99回)に突入し、

右上部のゲートを通過すると、スライドアタッカーを通過した後の左にあるポケット状のような普電に球が拾われ、

特図2の変動~小当たり作動があります。

この小当たりに関しては、V入賞しない小当たりも含まれているようで、それでV率を吸収しているようです。

時短中はBGMも変化し、武将のかけ声も

「全軍かかれー!!」

と、戦のムード全開です。

2回目のV通過後は、

「祭りじゃー!!」

と、なんだか某メーカーの戦国パチンコの雰囲気が出ています。

ずいぶんと、音声の話をしましたが、

大当たり中に、オーバー入賞した球を、

「○つ!!」(1つ、2つ、3つ、、、)

と、この戦国武将が音声でカウントしてくれます。

右打ち獲得は、打ち方次第では、オーバー入賞率を高める事ができるので、

こうした音声も、また一興ですね。

2回目の大当たりを消化すると、非時短状態となり、2回1セットの大当たり消化は終了し、

「なかなかやりよる。」

と通常状態に戻ります。

本機は、音声が少な目のシンプルモードと、音声が賑やか目の合戦モードがボタン選択できるようです。

気分によって、モードを変えて楽しみましょう。

出玉は2回1セットで、約4500個程度のようなので、

初当たり発生率を1/12とした場合、

はやり250玉使って1発はINに通したいといったところでしょうか。

その点を踏まえ、ボーダーラインを考慮しておくのと、

その他に大事な点をおさらいすると、

INに入ったら即止め打ち

右打ちが開始されたら、落ち着いて打ち出しを開始する。(パンク注意)

オーバー入賞を狙ってみる

こんなところでしょうか。

今回もちょっと希少な機械をウォッチしてみました。

次回もお楽しみに。



アレトロン

今回は、少し前の機械でありますが、CRアレトロンを見てみたいと思います。

<基本スペック>

【V入賞率】
1/12.6

【賞球数】
1&3&10&15

【ラウンド数】
12R/8C(右アタッカー)
12R/2C(下アタッカー)

【出玉数】
約1440個

【時短回数】
100回

V撃2回1セットタイプ

————————–
ゲームフロー(メーカー公式ページより)

 

[1]左上部の通過口へ球を通す。

[2]通過した球が、3.6個に1個の割合で「開」チャッカーへ入賞。

[3]チャッカー通過玉は、その下のチャンスベロの開放へ
3.4個に1個の割合で通過しVルーレット抽選へ

[4]チャンスベロを通過した球は、
その下のVルーレットで1/12.6の確率でV入賞。

[5]右打ちで大当たり開始。

[6]BONUSアタッカーに球を入れて出玉獲得。

[7]ラウンド終了後、時短100回となり右下の電チューがロング開放。

[8]再度Vルーレット抽選を行いV入賞後は右打ちで出玉獲得。

——————-

◎システムの分析

[1]左上の入口は通過口のようで、あくまでランプをフラッシュさせる為の通過口のようです。
通過した瞬間に、「テーレーン!!」と効果音が発生し、1秒間程フラッシュします。
始動口はあくまで、[2]の「開」と描かれた入賞口です。

3.6個に1個と言われているようですが、実際はもっと悪い気がします。

始動口に入賞すると、1テンポ置いてその下にある。
[3]のベロ電は短開放を2回行います。
おおよそ小当たりで、もし直撃図柄大当たりの場合は、デキレースになるのでしょうか?(未確認)

変動してから、開放するまでの時間は、
最短で1秒の間隔もあれば、3秒程度の時もあります。
これは特図1の変動時間または、オープニング時間の違いで設定されている模様。

[4]ベロは2カウントのようなので、1回の当たりで最大2個入賞します。
この開放においても、球の拾いはあまりよくありませんが、稀に2個入賞した時が大チャンスです。

アレトロン_1_2個入賞

球がここへ入賞すると、救急車のサイレンのような効果音で盛り上げます。

Vルーレットの回転体は、1秒弱のコマでカクカクと動いています。
12.6分の1という入賞率のようですが、
1周が5コマで構成されいて、V流路の辺りでは1コマが長く早く回転していますので、だいたいそれ位かと思います。

めでたくVに球が入ると、右打ちアナウンスとなるのですが、
[5]のゲートに球を通すと大当たりが開始される模様です。

アレトロン_2_V通過後アナウンス

これは条件装置としての通過口と、普図ゲートを兼用している模様です。
セグの動きから、通過口を球が通ったタイミングと、普図が変動するタイミングで確認できました。

 

%e3%82%a2%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%b3%e5%a4%a7%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e9%96%8b%e5%a7%8b%e6%99%82

[6]のBONUSアタッカーにて13Rまで大当たりがあるのですが、
2種大当たりの為か、右側上部のラウンドのセグが「2R」から「13R」まで点灯されており、実12Rである事が確認できました。

下部のセグはカウント数が表示されています。
ちょっとした遊び心ですね。

大当たり終了時に、状態セグが点灯し時短に突入すると
[7]右下の普電が開放して再度、[2]のベロへ入賞させる。
この時に、ベロの開放も時短用にロング開放となっている模様で、すぐにV抽選になるように構成されているようです。
時短は100回あるのですが、パンク(時短満了までV未通過)とならないようになっています。

[8]再度V直撃の当たりを獲得して、初当たりと同じ手順([5]~[6])で当たり出玉を獲得します。

当たりラウンドが終了すると、状態セグが消灯され、通常状態へ戻ります。

2回の大当たりで出玉はおよそ2800個位でしょうか。

セグの右上8個ですが、これは初回のV通過時~時短終了まで点灯しておりました。
これはV当たりのセグだと思わるのですが、2回目の当たりを獲得する間も消灯していなかったので、
V当たりが1種類だけなのか、詳細がちょっと不明でした。

手書きですが、右上にあるセグの分析結果をアップしておきますので、参考まで。

 

アレトロンセグ解析

 

それにしても、液晶主流の時代に、球の動きで一喜一憂できる面白機械ですね。

まだ設置していますので、皆さんも一度、触ってみて下さい。

東京レイヴンズ

6月 になりました。
出歩くのに少し暑くなってきました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、最近はV通過の機械が増えましたね。

今回実戦したのは、CR東京レイヴンズ です。

スペック等については、リンク先のメーカーホームページをご参考下さい。
1種2種タイプのようです。
最近、この手の台が増えました。

実質大当たり確率は、大当たり確率(1/276)と、小当たりのVチャンスからによる、成功の確率の合成らしいので、ちょっと計算してみました。
計算式は以下のとおり

1/276 + 1/x = 1/239

計算すると、xが1782 これは小当たりでV通過する出現率といいましょうか、Vチャンスが成功する割合は、およそ 6.2分の1で、まぁほど良い割合かと思います。

肝心なV通過まわりの仕組みを、順を追って見ていきます。

ムービーは画像が粗くなるので、カタログを一部抜粋しますが、Vチャンスか、図柄揃いによってRUSH中となった場合の作動についてです。

raven1

まず小当たりに当選すると、①羽アタッカーが開きます。
時短中は、この時の変動は1~2秒程度と短く、図柄が停止してから即羽アタッカーの開放のタイミングとなり、判別しての打ち出しは不可能だと思われます。

初めに入賞した球が、その下の黒丸の枠が描かれている辺りに貯留されます。

貯留中に液晶の演出が進行します。
(「邪気を払え...出でよ北斗」とかいうかけ声が入ります)

その後、貯留が解除され②上部へと左に流れていきますが、その先にある羽アタッカー作動中に動いている振り分け可動片によって、②の部分の奥側か手前側に球通路が振り分けられます。これは見た目上1/2です。

球が奥側に通過した場合、②コングミック部のランプGOが点灯して、
「Vを狙え!」となり、奥側に貯留さえた球がリフトアップされて、「へ」の字のような屈折部の部分に球が止められている姿が明らかになります。

raven2

(この状態が3秒程度、ドキドキの瞬間です)

右部にある鳥のような形状の装飾役物の③北斗ギミックが出てくるタイミングで解除され、④Vチャレンジギミックへと流れていきます。
尚、北斗ギミックは遊技球との接触はなく、あくまで演出上のギミックです。

raven3

Vチャレンジギミックは、絶えず左右へ振り子のように動いていますが、滑らかに往復動作をしているのではなく、右端と左端の部分で、ごく短い時間(数百ミリ秒程度)停止をしているような動作となっています。
これが、通過と非通過を作り出すツボになっているのではと推察します。

raven4

球が中央のV領域へ通過すると2種当たりとなりますが、おそらく非通過の小当たりの場合は、中央へ球が落ちないタイミングで解除がされる仕組みだと思われます。

また、これらの作動中に、「振動センサ強化中」とのテロップが液晶表示され、ど突きゴトへの抑止力効果を出しています。
きっと、内部的なエラー強度にも影響しているのでしょうね。

図柄確定から作動時間に関する判別対策と、振動センサによるエラー監視によって攻略と不正に配慮した部分が垣間見れます。

W撃破チャレンジは、これらの動作に復活演出として、ボタンチャレンジが用意されており、直当たりへの期待を持たせる+α演出のようです。

リーチ関連については、背景移行を踏まえ、保留の先読みやボタンを使った連続演出などもあり、結構楽しめました。
ちなみに赤保留に変化したら、結構激熱だと思います。

個人的には、猫の絵となる保留のステージが、ちょっと萌え系で好きですが、今回の実戦は2万円を使って370回転程。
大当たり無でした...またしてもトホホ...

今回はこれまで。
次回をお楽しみに。